WSF TECH 13_Let’s Start WaveRiding ❶ ❷ ❸
冬にウェイブを始めると上手くなる
Advice=Takayoshi “Yanmer” Yamamoto(HALE Surf & Sail_Enoshima)

急に肌寒くなってきましたね。今年の秋は短めで、すぐに冬がやって来そうな勢いです。でも「だからといってシーズンが終わるわけじゃない」というのがウインドサーフィンのいいところ。むかしから「ひと冬越すと上手くなる」などと言われるように、冬はベストシーズンのひとつです。それを体感的に分かっている人たちは「寒さを我慢して」というのではなく、勇んで海に出ていきます。

それはウェイブでも同じ。「冬にウェイブを始めると上手く」なります。楽しさの幅が格段に広がります。

プレーニングができる方、そろそろウェイブ、始めてみませんか。

今回から何度かに分けて、ウェイブを始めて続けてゆくためのヒント(のようなもの)を掲載していきます。波を使えるようになっていくと、あなたのウインドサーフィンが『Wind+Surfing』に変わっていきます。自然との一体感をより強く感じられるようになり、自分の力量の範囲を超えた動きをメイクできるようになっていきます。

ウインドサーフィンが与えてくれる特別な力を、またひとつ手に入れてみませんか。では始めます。お付き合いください。

Thomas Traversa(F-3)@ Sylt 2018 / ⒸJohn Carter_pwaworldtour.com
Thomas Traversa(F-3)@ Sylt 2018 / ⒸJohn Carter_pwaworldtour.com

01|| 冬にウェイブを始めると上手くなる

日本では西高東低の気圧配置が決まりやすい冬に強風と波がマッチしやすい。つまりウェイブができるチャンスが多い。もちろんそれなりのタフコンディションにはなるのだが、夏から秋にかけての台風時よりも乗りやすい。

例えば同じ960hPaでも、西高東低の場合には等圧線の間隔が広くなり、台風時のように急に風が振れたり、落ちたりしない。だから比較的安全にチャンスを生かすことができる。「冬にウェイブ始めなくて、いつ始めるの?」と言う人がちらほらいるのはそのため。この時季以外だとなかなか乗る機会に恵まれず、乗れたとしても難しいコンディションである場合が多い。

02|| タフコン土産をゲットせよ

ウェイブに限らず、タフコン(タフなコンディションのことね)にチャレンジしないと、上達は頭打ちになる。スノーボードでグルーミングされた緩斜面ばかりを滑っていると───急斜面やコブに挑戦しないと───やがて全く上達しなくなるように。

フォームなんかぐちゃぐちゃになったってかまわない。とにかく身の丈にあった(少しだけ身の丈を超えるくらいの)タフコンにチャレンジする。そういう「たくましさ」を得た人だけが場面場面でいくつもの「おみやげ」をもらえる。

03|| レイルジャイブができなくても

レイルジャイブは練習中、まだ満足にできたことがない。それでもプレーニングができて、風の力を十分に体感している自覚があり、ある程度以上の道具の操作ができるなら、冬のタフコンでウェイブに挑戦してかまわない(挑戦すべきだ)。そうすることで得られるおみやげは、あなたのウインドサーフィン全体に好影響をもたらす。

ただしウインドサーフィンは高性能であるぶん、風の力で意外にするするとゲティングアウトできてしまうことがあり、沖で道具が壊れたり、道具と離れてしまったり、突然「現実」に直面することもある。

事前の道具の整備は万全に。絶対に一人では出艇せず、信頼できる上級者と出るように。コンディションと、海に出ているサーファー、ウインドサーファーをよく観察し、マナーを逸脱することのないように。

チャレンジとはいえ、風速10m/sまでの経験しかないのに20m/sの海に出るのはただの無謀だからね。(つづく)

Liam Dunkerbeck(E-11)@ Sylt 2019 / ⒸJohn Carter_pwaworldtour.com
Liam Dunkerbeck(E-11)@ Sylt 2019 / ⒸJohn Carter_pwaworldtour.com

Windsurfing Magazine
ウインドサーフィン マガジン


▶︎〈WSF TECH 12_誰も見てない・・・マインド・リセット〉
▶︎〈WSF TECH 11_プレーニングに入るとボードが暴れる〉
▶︎〈WSF TECH 10_ブローが抜けるとラフしてしまう〉
▶︎〈WSF TECH 09_プレーニングすると下ってしまう〉
▶︎〈WSF TECH 08_ブローで前に飛ばされる?〉
▶︎〈WSF TECH 07_ハイジャンプのコツ〉
▶︎〈WSF TECH 06_波に乗ったらフェイスの上を横っ走り〉
▶︎〈WSF TECH 05_小波でなんちゃってテイクオフ〉
▶︎〈WSF TECH 04_ジャイブ、ボトムターン、前のヒザ〉
▶︎〈WSF TECH 03_ジャイブはマインドで変化する〉
▶︎〈WSF TECH 02_脱力乗りを身につけるために〉
▶︎〈WSF TECH 01_ジャイブ_中井忠則 / JPN-121〉