3Questions & Answered by Maciek Rutkowski(POL-23)
2022 PWA スラロームワールドチャンピオン_マチェック・ルコースキーに訊く / Photo by John Carter_pwaworldtour.com(Bilingual, Japanese and English)

ウインドサーフィン・マガジン
Battle of Jive Mark, Yokosuka Japan 2022

大型選手の中で勝つために一番大事に思うことは?

ーーマチェックさん、あなたが2022年のPWAスラロームワールドチャンピオンになったことにたいして、心からおめでとうといわせてください。日本の多くのファンは、あなたが日本で演じたドラマ(11月17日の記事参照)に感動しました。そこで早速ですが、以下の3つの質問にお答えいただけませんでしょうか。

MR OK もちろん。僕も日本のウインドサーフィン・コミュニティからの歓迎をとても嬉しく思っています。

1Q あなたは2019年7位、2021年4位、2022年1位と着実にランクアップを実現し、そして見事に世界チャンピオンの座を獲得しました。この数年であなたを成長させた一番の要因はなんだと思いますか?

MR 自分の改善につながる重要な要因を特定し、理解したことだと思います。2018年以前はただハードに日々を過ごしていただけで、結果を得るために何が必要かを理解していなかったのかもしれない。それ以後、僕はよりスマートに頭を使うようになった。もちろん頭を使って準備するだけでは勝てないので、トレーニングも重ねた。(大事なことは、ウインドサーフィンは)メッシがルコースキーを10/10の確率で圧倒するコンピューターゲームではないということ。僕にも常にチャンスがあるということです。

ウインドサーフィン・マガジン
Head to The Race Surface, Yokosuka Japan 2022

2Q PWAにはあなた(183cm、93kg)よりも大きなレーサーがたくさんいます。彼らに勝つためにあなたが一番大事に思うこと何ですか?

MR 勝つためにはいろんな方法がある、ということ。速くなるだけではダメ。それはもちろん重要なことではあるけれど、同時にスタートやジャイブのレベルアップにも努めなければいけない。何度も何度も練習を繰り返す。今シーズンのリザルトを見てもらえれば、僕がコンスタントな成績を残していることがわかると思います。僕は自分が進出した全てのファイナル(レース)で4位以下にはならなかった。僕はそれをいろんな方法で成し遂げた。時にはスタートで、時にはジャイブで、時にはスピードで、時には他の方法で。それから特にフォイルスラロームで(頭に入れておくべきこと)は、レースがオープンになりやすいので、パーフェクトなジャイブができれば、そこで2、3人を抜くことも可能だということです。 

3Q 日本のウインドフォイルのレベルはまだまだ世界に及びません。あなたから日本のウインドフォイラーにひとつアドバイスをお願いできますか。

MR 1)できるだけ小さなウイングで乗れるようにすること。ウイングが小さくなれば難しくはなるけれど、一度コントロールできるようになれば、ジャイブをメイクできるようになれば、大きなウイングで乗ることがすごく簡単になります。僕らの多くは、例えば日本で7.0㎡台のセイルでレースをするときには、小さなウイング(400㎠)を使います。

2)道具をできるだけ快適(comfortable)に乗れるようにチューニングすること。結局90%の快適さはスピード(それなりの速さ)を意味します。自分より速い誰かの道具に乗らせてもらって、その道具がどれだけ快適かを確認し、その感覚を自分の道具に反映させるようにするのがいいと思います。

3)怖がりすぎないこと。フォイルで30ノットを出すのは怖いかもしれない。25ノットでも同じかもしれない。でも限界に近づかなければ、どこまでいけるかはわからない。僕は週に2、3回はハイスピードでクラッシュしています。でもこの通り、なんの問題もなく生きています。

───Arigato!! マチェック・ルコースキー(POL-23)

ウインドサーフィン・マガジン
2022 PWA Slalom World Champion_Maciek Rutkowski(POL-23)

Windsurfing Magazine
ウインドサーフィン マガジン



3Q
uestions & Answered by Maciek Rutkowski(POL-23)

Ask the 2022 PWA Slalom World Champion / Photo by John Carter_pwaworldtour.com

What do you think is the most important thing to win among the big racers?

ーーMaciek, I and many Japanese fans were moved by the drama you performed in Japan. Let me extend my heartfelt congratulations to you on becoming the PWA World Tour Slalom Champion. Well, I have one request for you today. Could you please answer the following 3 questions for Japanese fans?

MR Thanks for your nice words, I loved the reception we got from the Japanese windsurfing community, eternally grateful.

ウインドサーフィン・マガジン
Victory Finish Line, Sylt Germany 2022

1Q You steadily climbed the ranks to 7th place in 2019, 4th place in 2021, and 1st place in 2022. What do you think has been the biggest factor in your growth over the last few years?

MR I think understanding and identifying the key factors that will lead to my improvement. Before 2018 I was working super hard, but perhaps not understanding what is needed to get results. Then I started working smarter. Also realizing that just being prepared doesn’t mean your gonna win. You still have to go out and execute. Its not a computer game where Messi will beat Rutkowski 10/10. In life, Rutkowski actually has a chance! 🙂

2Q PWA has plenty of racers bigger than you(183cm, 93kg). What is your number one priority to beat them?

MR I think its about realizing you can beat somebody in many different ways. You don’t only need to be faster. It helps, but you still have to start and jibe good. And repeat that over and over again. If you look at the results from this year you’ll see that I won with consistency. In all the finals I made I was never worse then 4th. And I did it many different ways. Sometimes with starts, sometimes with jibes, sometimes with speed, sometimes some other way. Specially with foiling the racing became much more open, you can sometimes overtake 2-3 people if you have a perfect jibe!

ウインドサーフィン・マガジン
Top of Pack, Sylt Germany 2022

3Q The level of WindFoil in Japan is still far from the world. Please give one piece of advice to Japanese WindFoilers from you.

MR 1) Try to go on the smallest wing you can ride. These smaller wings are more difficult but once you manage to control them and jibe them, the bigger ones become a piece of cake. A lot of us races our small wings (400㎠)in Japan with 7.0s!

2)is try to set your gear to feel as comfortable as possible. In the end 90% of the time comfort means speed. Try some good gear from somebody much faster then you to see how good, comfortable gear feels so you can apply that feeling to your gear. 

3)Don’t be scared. It can be scary to go 30knots on the foil, even 25, but if you don’t get next to your limit you’ll never know how far you can go. I crash probably 2-3 times a week at high speeds and I’m still alive so what could possibly go wrong? :))

───Arigato!! Maciek Rutkowski(POL-23)


Windsurfing Magazine
ウインドサーフィン マガジン