Prince of Speed 2020
September 25-27 / Plage du Rouet, La Palme, Aude, Occitanie, France
アントワン 対 マテオ 全開直線スピードバトル

ウインドサーフィンの世界最速記録=53.27ノット(98.65km/h)。11 × PWA ワールド・スラローム・チャンプ、アントワン・アルボーが2015年に達成した記録である。場所はナミビアのリューデリッツ。スピードトライアル用に設えられた強風、平水面、ダウンウインドコースの人口水路で、アントワンは500mの平均速度で大台の100キロ(!)まであと一息というところまで肉薄した。

Antoine Albeau(FRA-192)
Antoine Albeau(FRA-192)

では、今、海上で一番速いのは誰か? 9月25日~27日、それを競う大会『プリンス・オブ・スピード』が南フランスで開催された。会場となったラ・パルム市のルーエビーチには、この時季オフショアの強風が吹きすさぶ。コースはインサイドに設定されるが、いくらオフショアとはいえ、そこには当然ショアブレイクが打ち寄せる。低抵抗な細身のボードをフルスロットルで走らせる乗り手にとっては、その小さな波も大きな恐怖、リスクになる。実際今大会でも何艇かがその小さくも凶暴な波に撃沈されたみたいだ。

エントリーリストを確認する。見慣れた名前も並んでいる。今期は新型ウィルスの悪影響により、PWAのワールドツアーがキャンセルになったため、幾人ものワールドカッパーが参加している。2019年スラローム・ランキングのトップ3、ピエール・モーテフォン、マテオ・イアキーノ、アントワン・アルボーも揃い踏みで、彼らとスピード・セイリングのスペシャリストたちとの、あるいは彼らの中でのスピード争いに興味が高まる。

PWAのトップスラローマーたちがレースで速いのは周知のことだが、よりシンプルでギリギリのチョッカリ(直滑走)勝負で誰が一番かは判然としていない。今回は同じ会場、ほぼ同じ条件でそれが競われることになったのだ。

果たして結果は───
1位=アントワン・アルボー=44.74ノット(82.85km/h)
2位=マテオ・イアキーノ=44.66ノット(82.71km/h)
48歳のスピードキングが、次代の王座を狙う31歳をうっちゃった。

この大会の主宰者であり、イタリアのトップスピードセイラーであるプリンシペ・バルディーニ(Principe Baldini)に尋ねたところ「二人は大会最終日(9月27日)に自己ベストを記録した。風は30〜45ノット(15〜22.5m/s)。アントワンは最大幅45cmのスピードボードに21cmのフィンと5.8㎡のセイルをセットして、この記録(外洋・フランス新記録)を叩き出した」とのこと。また別の情報によれば、マテオは今回が初めてのスピードトライアルだったにもかかわらず外洋・イタリア記録を更新し、ピエールは久々のスピードイベントで調子が上がらず、結局10位(41.63ノット=77.09km/h)に甘んじたということだ。

Matteo Iachino(ITA-140)
Matteo Iachino(ITA-140)

それにしてもアントワンとマテオの差はわずか0.14km/h。それは誤差の範囲なのかもしれないし、その小さな差異こそが高い壁なのかもしれない。でも傍目には二人に艇速差があるとは思えない。

下に埋め込んだ動画を見てそう感じた。そして驚いたのは、二人の道具が動かないことだ。最適と思われる位置にボードとセイルをセットしてそのまま、まるで磁気浮上式リニアモーターカーのように高速で移動してゆく。ウインドサーフィン・システムの内部で動いているのは二人の全身各部の筋肉だけだ。それらは高性能なサスペンションのように機能して、道具をその位置に留め続ける。二人はフィニッシュラインを切るその時まで、その精緻なトリムを続け完遂している。

来期は再開されるであろうPWAのスラロームレースが待ち遠しい。アントワンとマテオ、二人のレースはおそらく接近戦になる。どんな場合でも相手に先を越されるわけにはいかない。艇速はほぼ同じなのだ。そうだとすれば、あとはスタート、ジャイブ、時の運(ブローやうねりとのタイミングの良し悪しなど)。一触即発の緊張感に包まれるだろう二人の勝負の結末は? もちろんピエールや他の選手の活躍も含めて、楽しみだ。

3_RESULT
────────────── Windsurfing Magazine ─────────────── ウインドサーフィン マガジン ──────────────

※フルスクリーンモードでご覧ください。
Antoine Albeau(FRA-192)The Prince of Speed 2020

Matteo Iachino(ITA-140)The Prince of Speed 2020

Pierre Mortefon(F-14)The Prince of Speed 2020

World Windsurfing Speed Recordholder_Antoine Albeau(FRA-192)