『ウインドサーフィンデビューステイ』プラン登場

|| ダイレクトに海と風を、大自然を感じるために「ウインドサーフィンを始めよう」

「ウインドサーフィンをやってみたい」「この夏ウインドサーフィンを始めたけれど」・・・「もう寒い季節になってしまった」そんな思いを抱いている方々に耳よりな情報があります。

『星野リゾート リゾナーレ小浜島』が発表した3泊4日の『ウインドサーフィンデビューステイ』プランがそれ。期間は12月1日~2月28日まで。すでにそのためにマンタのデザインを施したビギナー用のニューセイルも新調されるなど、万全の体制が整えられています。滞在中には毎日レッスンを受けることができ、その様子を映像データにも残してくれるということです。美しい海の上でインストラクターのアドバイスを受け、のちに「自然と調和した」ゲストルームで自分の動きを確認することができます。短い期間で効率的に、しかも気持ちよく上達できるようプランが設計されているというわけですね。注目です。

default

|| 春・夏・秋・春、小浜島なら冬のブランクを埋められる

沖縄県小浜島は日本の最南西端、八重山諸島のほぼ真ん中に浮かぶ周囲約16kmの小さな離島です。「ミーニシ」と呼ばれる新北風が吹く島としても知られています。周囲に風を遮るものは何もなく、あるのは北半球最大の珊瑚礁「石西礁湖(せきせいしょうこ)」に囲まれた遠浅の海だけです。つまりここなら初心者でも安心してウインドサーフィンを楽しむことができ、気持ちよくフレッシュウインドを感じることができます。

それに何より冬なのに暖かい。この期間の小浜島の平均気温と(最高気温)は次の通り。▶︎12月=20℃(23℃)/1月=18℃(21℃)/2月=19℃(22℃)。小浜島のある石垣地方は、同じ沖縄でも年間平均気温が本島よりも高いのです。加えて12月~2月の平均風速は5~6m/sほど。もちろん日によって風の強弱はあるわけですが、おおむねビギナーに適した環境に恵まれます。

真冬に小浜島に飛べば、そこにはまるで春のようなゲレンデが待っています。一時的にではあるけれど、自分の中の春夏秋冬のサイクルを変えることができ、冬のオフシーズンのブランクを有効に埋めることが可能になります。

ウインドサーフィン界では「一冬越えると上手くなる」とよく言われるけれど、ここに行けば寒くて辛い冬を越えなくても、将来的にきっとスムーズに上手くなっていくことができるはずです。

美しく遠浅で、水温の高い小浜島の海でなら、安心して思い切って動ける。上達が早まるのは確実。
美しく遠浅で、水温の高い小浜島の海でなら、安心して思い切って動ける。上達が早まるのは確実。


||
ウインドサーフィン・レッスンの特徴

マンタ柄のビギナーセイルはイジー社製の3.0㎡。コンパクトで軽くて使いやすい。
マンタ柄のセイルはイジー社製の3.0㎡。コンパクトで軽くて使いやすい。

1)マンタデザインのビギナーセイルを使用 ▶︎ 小浜島周辺の海域には多くのマンタ(オニイトマキエイ)が生息しており、それは海の豊かさを象徴するアイコン的な役割も果たしています。今回のレッスンのために準備されたビギナーセイルには、このマンタが鮮やかにデザインされています。もちろん作りもシンプルで軽く、初めてでも扱いやすいセイルです。これを安定性の高いボードにセットしてレッスンは行われます。期間中に気持ちよく海上散歩ができるようになることは、ほぼ間違いない、と言っていいでしょう。

2)プロインストラクターによるプライベートレッスン ▶︎ その日の海と風のコンディションによってビギナーに優しいレッスン場所が選定されます。そのビーチでまずは基本練習を行った上で海に出ます。経験豊富なプロインストラクターがマンツーマンで丁寧にサポートしてくれるから、老若男女、誰でも安心してウインドサーフィンにトライできます。滞在期間中(4日間)毎日練習を重ねることで上達が早まることは確実です。現地スタッフによれば「ただ走れるようになるだけではなく、方向転換のテクニックまでを習得してもらうことを目指します」とのこと。ここまでマスターすれば、自力で行って帰ってくることが可能になり、海の上での自由度がグンと広がります。

陸上トレーニングから会場での実践練習まで、プロのインストラクターがプライベートレッスン。
陸上トレーニングから会場での実践練習まで、プロのインストラクターがプライベートレッスン。

 
3)翌日のレッスンに備えるサポートセット ▶︎ 毎日のレッスンを終えたあとには、その日にドローンで撮られた映像を見ながらインストラクターと共に反省会。翌日のレッスンに備えて具体的な目標を立てることができます。また客室にはタブレット端末が用意されているので、ドローン映像を繰り返し見ることで自分のフォームなどを改めて確認することも可能です。さらに筋肉痛や日焼けをケアするための湿布剤やスキンケアアイテムなども常備されているので、疲れた身体を整えることもできます。『安心サポートセット』であること。それがこのレッスンの一番の特徴です。

練習の様子を収めた動画を事後確認。自分の姿を客観視することで、次にどう動くべきかが見えてくる。
練習の様子を収めた動画を事後確認。自分の姿を客観視することで、次にどう動くべきかが見えてくる。

 
|| ウインドサーフィン経験者用のレンタルギアも充実

「ウインドサーフィンに興味がある友達やパートナーを連れて小浜島に行ってみたい」「でもできれば自分はウインドサーフィンをすることに集中したい」そんな方にもこのプランは最適です。ビギナーさんはインストラクターにお任せして、自分は中・上級者用のレンタルギアで小浜島の海でプレーニングに集中することができます。

▶︎中・上級者用レンタルギアーーーボードは(主にRRD、スターボード、ファナティックなどの)フリーライドからフリーウェイブ、スラロームまで。セイルは(主にイジー、セバーンなどの)3.5㎡〜7.5㎡まで。同時に10名くらいは楽しめるギアが揃っています。 ※ただしウェットスーツはご持参ください。12月〜2月なら3mmのフルスーツが最適です。天気のいい日は暑くなりますので、トランクスや水着も忘れずに。

島から帰ったときには、また一人、ウインドサーフィン仲間が増えているかもしれませんね。この冬の(春の?)小浜島の旅は、ウインドサーフィンの世界を広げる旅になるはずです。

6


『ウインドサーフィンデビューステイ』概要

開催期間 ▶︎ 2021年12月1日(水)~ 2022年2月28日(月) ※除外日あり、休館日を除く

料金 ▶︎ ❶ 183,600円~(大人1名1室利用時、3泊4日料金、税込、1日1室限定)/❷ 117,300円~(大人2名1室利用時1名あたり、税込、1日1組限定 ※1組は2名まで)

料金に含まれるもの ▶︎ 宿泊費/朝食/ウインドサーフィンレッスン3回(各2時間)※強風、雨天の場合には中止となる可能性あり/ビギナー用ウインドサーフィン・ギアレンタル(ウェットスーツ含む)※中・上級者用のギアレンタルは適用外/記録用データ/サポートセット(iPadレンタル、湿布剤)/日焼け防止用スキンケア剤

スケジュール例 ▶︎ 1日目➡︎15:00 チェックイン、レッスンスケジュール案内/18:00 夕食(別途有料) ▶︎ 2日目&3日目➡︎07:00 朝食/09:00 ウインドサーフィンレッスン/12:00 昼食(別途有料)/13:00 ホテル隣接のビーチなどでフリータイム/18:00 夕食(別途有料)/20:00 スキンケア&レッスン動画で復習 ▶︎ 4日目➡︎07:00 朝食/09:00 ウインドサーフィンレッスン/11:00 チェックアウト、記録用データ受け取り

予約 ▶︎ 公式サイト(https://risonare.com/kohamajima/)で14日前まで受付。

星野リゾート リゾナーレ小浜島 ▶︎(左上から時計回りに)ブックス&カフェ/ロイヤルスイート・リビングルーム/水辺のレストラン『Ooli Ooli』/スパルーム
星野リゾート リゾナーレ小浜島 ▶︎(左上から時計回りに)ブックス&カフェ/ロイヤルスイート・リビングルーム/水辺のレストラン『Ooli Ooli』/スパルーム

───────────── Windsurfing Magazine ────────────── ウインドサーフィン マガジン ─────────────