NEW EQuipment 2021
RRD / POCKET ROCKET 180-E-TECH Y26_120ℓ
Designed by Roberto Ricci(ロベルト・リッチー)
Comment by Masanori Hada(オンズ西日本営業担当)

Compact FreeFoil, POCKET ROCKET 180-E-TECH Y26 / ⒸRRD_Samuel Tome
Compact FreeFoil, POCKET ROCKET 180-E-TECH Y26 / ⒸRRD_Samuel Tome

コンパクトだからこそ乗りやすい、ウインド、ウイング、
SUPで高性能を発揮する、マルチフォイルボード

▼ 試乗報告 |羽 田 雅 典(オンズ西日本営業担当)

Q このボードの推薦理由を。
羽田 ウインド/ウイング/SUPと、マルチに使えるフォイル専用ボードです。どのジャンルでも平均以上の性能を引き出せるので、ビギナー用のハイブリッドというのではなく、上級者まで十分に全てのジャンルのフォイルを楽しめます。

Q このボードに乗ってみて、最初に何を感じましたか。
羽田 旧モデルよりもウイングフォイル、SUPフォイルを意識したデザインになり、浮き出しが早く安定飛行をキープしやすい。ウネリに乗せた走りも容易になりました。レース系のフォイルボードに比べて、ガッチリとセイルを引き込んでライディングするというよりは、小さめのセイルでフリーライド・フォイリングを楽しむ乗り方がマッチします。ターンやジャンプなど、ストラップレスで自由に楽しんでほしいボードです。

Q プレーニング性、スピード性について、このボードの特徴を。
羽田 レース用ボードではないので、スピードを求めるというより、ラクにに楽しくフォイリングすることを追求したボードです。

Q ターン性、ジャイブ性、操作性などについて、このボードの特徴は。
羽田 フライト中の安定性はもちろん、特に短い全長のおかげで浮き出しが早く、操作性が抜群で、ジャイブのやりやすさは秀逸です。ステップ時にも足元が安定して、よりセイルトリムに集中できます。ジャイブの成功率が格段に上がるはずです。

Q このボードを買うと、どんな世界が拓けると思いますか。
羽田 「1本のボードでウイング、ウインド、SUP、全部やりたい」という人にドンピシャです。どのジャンルで使っても満足できる性能を引き出せます。ウインドフォイルなら6.5㎡以下のセイルで乗るといいですね。僕は5.8㎡を使っていますが、風が4m/sもあれば楽しくフライトできます。またウイングなら超微風から強風まで。僕の場合は6.0㎡で風速3m/sからフライトできます。

Q このボードが乗り手の上達をサポートする部分はありますか。
羽田 頑張って乗らなくても楽に乗れるボードです。楽しんでください。

Q 多くのニューモデルの中で、このボードの一番の特徴(独自性)は。
羽田 コンパクトだからこそ乗りやすいマルチボードだということです。ウインドフォイルでは、立ち位置に十分なボリュームがあるので、様々な操作をスムーズに行うことができます。SUPフォイルやウイングフォイルでは、ボードがコンパクトであるゆえにテイクオフやリフトが早く、それが大きなメリットをもたらします。ウインド/ウイング/SUP、フォイルの全てのカテゴリーで高いパファーマンスを発揮するのがこのボードです。

旧モデルではフラットだったテイルに斜めのキックがついたことにより、よりリフトが早くなった。3.5㎡など、小さなセイルやウイングでも十分に楽しめるボードだ。
旧モデルではフラットだったテイルに斜めのキックがついたことにより、よりリフトが早くなった。3.5㎡など、小さなセイルやウイングでも十分に楽しめるボードだ。
POCKET ROCKET 180-E-TECH Y26_120ℓ▶︎サイズ=180×76cm|ボリューム=120ℓ|適応セイル=4.0-6.0㎡|重量=8.0kg|フィンボックス=2×US BOX SLOTS
POCKET ROCKET 180-E-TECH Y26_120ℓ ▶︎サイズ=180×76cm|ボリューム=120ℓ|適応セイル=4.0-6.0㎡|重量=8.0kg|フィンボックス=2×US BOX SLOTS

※本記事は『Windsurfing Magazine Vol.9(2021年4月28日発売号)』より抜粋、ウェブ用に再編集したものです。

────────────── Windsurfing Magazine ─────────────── ウインドサーフィン マガジン ──────────────

▶︎〈EQ 2021_01 / SEVERNE SAILS_GATOR_6.5㎡〉