NEW EQuipment 2019
GA SAILS / VAPOR & PHANTOM
Interview with Peter Munzlinger(GA Sails Head Designer)
(※ Bilingual of Japanese and English)

テストドライブを終えたある日本人ライダーのコメント:クリュー部がブームエンドから張り出しておらず、リーチエリアもややコンパクトになったので、セイルがツイストしすぎず、適度にバックハンドパワーが維持できる。特にライトウインドや走り出しではそのアドバンテージが顕著になる / Vapor 2019 / ⒸJohn Carter
テストドライブを終えたある日本人ライダーのコメント:クリュー部がブームエンドから張り出しておらず、リーチエリアもややコンパクトになったので、セイルがツイストしすぎず、適度にバックハンドパワーを維持できる。特にライトウインドや走り出しではそのアドバンテージが顕著になる / Vapor 2019 / ⒸJohn Carter

|パラレル & イコール・ディスタンス、骨組みが変わればセイルは変わる|

───GAセイルが2019年モデルのフリーレース(スラローム / PHANTOM=ファントム)とレースセイル(VAPOR=ヴェイパー)をリリースした。その新たな部分はどこにあるのか。ヘッドデザイナーであるピーター・マンズリンガー(以下:PM)に話を聞く。
PM まず第一に今期の両モデルではバテンのレイアウトを変更した。メインのセンターバテンに対してパラレル(平行)に等間隔に他のバテンを配置した。もちろんセイル上下のキワの形状を保つためのトップバテンとフットバテンは別にして。全体をそのような骨組みにしたことで、セイルのトータルバランスが向上している。それぞれのバテンに伝わるパワーがより均等に制御され、それがセイルにスムーズなツイストをもたらし、セイルの挙動を安定させることにつながっている。

4_GASails_Vapor2019
Vapor 2019

第二にクロスバテンコンセプトの成り立ちが変わった。NCB(ニュー・クロス・バテン)システム(下から2本目のバテンのエンド部、バテンとブームパイプがクロスする部分)では、セイルのクリュー部がブームの内側に収まるようになっている。つまりこの部分から従来の張り出した部分を無くし、セイルのトレーリングエッジ(後縁)全体がブームの内側に収まるようになっている。これによりリーチエリア全体が少し小さくなり、セイルがやや細身になった。パラレルバテンとの相乗効果で、風の流れの効率が高まり、セイルのツイストとの連動性も向上した。それらはもちろんハンドリングを軽くする効果も伴う。

新しいワイドスリーブを具えた『ファントム』もトップレースセイルである『ヴェイパー』に極めて近いコンセプトで開発されたスラロームセイルで、その高い潜在性能を誰にも引き出しやすく、イージーハンドリングを実現するモデルだ。

───『ヴェイパー』はロス・ウィリアムスをはじめとするGAチームのトップレーサーたちがPWAワールドツアーで使用するハイ・パフォーマンス・レーシング・セイルですが、2019年のニューモデルには何が期待できますか。
PM 私たちはセイルのパワーと加速性を高めるために多くの作業を重ねた。ニューセイルは(前述した改良を加えたことで)弱めのブローにも反応がよく、これまでにはないスピード伝達性能を具えている。風がガスティでオン・オフが激しくても、セイルは安定した状態をキープして、スピードロスを最小限に抑える。セイルが走っているときの軽さはそのままに。

───『ファントム』と『ヴェイパー』のどちらを選ぶか。その判断基準は?
PM ハイレベルのシリアスなレースに出るなら『ヴェイパー』。トップレースセイルの高性能の全てを必要とせず、取り回しがしやすく、しかしそれでも(トップレベル以外の)レースで勝てるハイパフォーマンスセイルを求めるのなら『ファントム』。(『ヴェイパー』が4つなのに対して)『ファントム』のカムは3つ、そのぶん軽くてジャイブやトリムがしやすく、オーバーパワーに陥ることもほとんどなくなる。セイルの総合力も『ヴェイパー』とそれほど大きくは変わらない。特に微風から中風域ではそのメリットが顕著になる。100%のレーサーでない限り両セイルの性能の違いを感じるのは難しいだろうと思う。でも『ファントム』の軽さや扱いやすさは誰にでも感じることができる。

───テストや開発にはどれくらいかかりましたか。
PM レーシングギアのテストは一年中続けている。新しいセイルの生産が始まるとともに、私たちは次の新しいプロトタイプの制作とテストを始め、新しいコンセプトや既存のデザインのさらなる改良・開発を始めていく。基本的にセイルの開発が止まるのは、そのとき最先端のセイルを生産ラインに乗せるときだけということになる。

Vapor 2019 / ⒸJohn Carter
Vapor 2019 / ⒸJohn Carter

───『ヴェイパー』にベストマッチする推奨マストを教えてください? またマストはセイルの性能にどんな影響もたらすものですか。
PM 『ヴェイパー』はGAのSDM 100%カーボンマストを用いて開発した。故に推奨マストもそのマストということになる。マストはセイルのバックボーンとなるもので、全体のテンションやフォルムなど、その静的な特性だけでなく、セイルがブローを受けたりボードがチョップに当たったときにどう反応するか、その際にいかに安定性をキープするかなど、セイルの動的な特性にも大きな影響を与える。

───PWAワールドツアーを転戦していたチームライダーたちからはどんなフィードバックがありましたか。
PM (ルール上)2018年のツアーで2019年モデルを使うことはできない。つまり彼らはPWAの実戦の中で2018年モデルのテストをしていたということになる。セイルは毎年10月31日までにPWAに登録しなければならず、翌年のツアーに使用できるのはその手続きをクリアしたセイルだけだ。私たちは2018年の世界最高峰のツアーから得られたフィードバックを元に2019年モデルを開発した。その結果として、これまでに説明したように、パワー、加速性、安定性などを改善する術を見つけ、より高性能なセイルを開発することに成功したということだ。

───2018年のツアーのフォイルレースにおいて、チームライダーたちはプロトタイプのフォイル専用セイルを使っていましたね。近い将来、GAのフォイル専用レースセイルがリリースされる可能性はありますか。
PM イエス、私たちはいま懸命にフォイルセイル開発に取り組んでいる。フォイルセイルが備えるべき性能は、ノーマルレースセイルとは大きく異なる。高レベルのレースでは、専用のフォイルセイルなしではもはや競争力を保てなくなっている。フォイリングはスラロームでのセイリングとはまるで違う。飛べば海面のチョップの影響などを受けなくなるので、極めてスムーズに走っていくことができる。レースでは風上に向かうコースもあるので、上れるセイルである必要もある。だから多くの場合、フォイルセイルは、高アスペクト(縦長)でリーチがややタイトになるようにデザインされる。(インタビューはこれで終わっている。続報を待ちたい)

────────────── Windsurfing Magazine ────────────── ウインドサーフィン マガジン ──────────────

NEW EQuipment 2019
GA SAILS / VAPOR & PHANTOM
Interview with Peter Munzlinger(GA Sails Head Designer)

Vapor 2019 / ⒸJohn Carter
Vapor 2019 / ⒸJohn Carter

───GA Sails have just launched the 2019 freerace and race sails to the market. Tell us a little of what has gone into the new designs?

PM For 2019 we redesigned the batten distribution in all the sails placing the main center battens parallel to each other and at a regular distance.
An exception are the top and foot battens which are more angled to support the exposed areas. This way the skeleton that supports the sail is more evenly and balanced in the sail body. The transition from one batten to the next is more equal and controlled resulting in a smoother twist and sail behaviour.

Vapor 2019
Vapor 2019

We introduce the new clew configuration NCB New Cross Batten which we could describe as a powerful Cross Batten concept. The parallel battens have been tilted up and the Posi Leech has been reduced a bit resulting in a more vertically elongated outline(with similar luff lenght)with a better aerodynamic, smoother twist pattern and efficiency making the sails lighter in the hand.

The new Phantom has also been updated with a new wider mastsleeve and a concept much closer to a Vapor for an even higher performance potential still in an easier to handle package.

───The Vapor is our dedicated high performance race sail that is used by our athletes on the PWA World tour. What can we expect for 2019 from the new Vapor?

PM We worked a lot on the power, acceleration and pointing ability. The sail reacts much better to every small gust and has a super acceleration which transmits in extra speed. In the on/off wind the sail stays stable and does not loose speed. It remains also very light in the hands.

───If you are a new customer, how would they decide between the Phantom and the Vapor?

PM If you are into serious racing I would decide for the Vapor, but if you are looking for performance without the added complication of a full race sail, and even do some lower level races I would go for the Phantom. The Phantom has only 3 cambers, is lighter and easier to jibe and trim and the performance loss vs a Vapor is not much, especially in the lower range of wind. If you are not a 100% racer, you will never go so overpowered and there you don’t feel so much the difference.

───How much testing and development goes into the racing designs?

PM The racing gear is tested during the whole year. As soon as the sail go into production, we start making and testing new protos, being it new concepts or a further development of the existing design. Basically the development stops when the sail has to be put into production.

───What are the best recommended masts for the Vapor and what do our masts provide in terms of performance for the sail?

PM The Vapors are developend and best recommended with our SDM 100% carbon masts.
The mast is the backbone of the sail and provides the static characteristics of the sail, like the profile and the tension of the rig, but also the dynamic feedback while sailing, how the sail reacts to the gusts, the stability, the absolution of the impacts with the chop.

───What has the feedback been like from the team who have been using the new models on the the tour?

PM The new models have only be tested. It is not allowed to use 2019 gear on the 2018 tour. The sails have to be registered by the 31 october of the year and can be used the year after. So the feedback comes from the testing and it is very positive with improvements in all aspects of sailing, power acceleration, pointing and stability as I have described in an earlier question.

───Our team riders have been killing it on the foil race course with the Vapor and have been testing some prototype foil dedicated sails. Might we be seeing a foil specific race sail in the future?

PM Yes, we are working hard on a dedicated foil sail. The requirements of a Foil sail are very different from those of a normal race sail. Basically at a high level you are not competitive anymore without a specific foil sail. In general the foil sails are more high aspect, more closed in the leech as the sailing on a foil is very different than on a slalom board, just think of the missing hitting of the chop, it is much smoother. And the courses are very different, here we are talking about upwind races.