「目が覚めるような現実の前では、人は不安になるものだ」

南極の嵐が宝の波に変わる島、モーリシャス。毎日25ノット超のトレードウインドが吹いていた。氷に光を通したような青い海は規則正しく盛り上がり、世界最速とも思われるようなスピードでブレイクしていた。2005年(8月26日~)ニック・ベイカーは覚醒していたが、不可解でもあった。それは理解に苦しむほどの現実だった。

▲ニック・ベイカー_Nik Baker(K-66)1990年19歳でワールドツアーにデビュー。'99年、当時「マウイローカルには勝てない」とされていた『アロハクラシック』で優勝、以来長くトップウェイバーとして活躍する。身長175cmと大柄ではなく、しかしダイナミックで深いラインを描くことから(またスラロームやコースレーシングでも速かったことからも)日本にも彼を「手本」とする選手が多くいた。1971年生まれ、47歳。ホームポイントはイギリス、ショアキパ(Shorekipa)
ニック・ベイカー_Nik Baker(K-66)1990年19歳でワールドツアーにデビュー。’99年、当時「マウイローカルには勝てない」とされていた『アロハクラシック』で優勝、以来長きにわたりトップウェイバーとして活躍する。身長175cmと大柄ではなく、しかしダイナミックで深いラインを描くことから(またスラロームやコースレーシングでも速かったことからも)日本にも彼を「手本」とする選手が多くいた。1971年生まれ、47歳。ホームポイントはイギリス、ショアキパ

インド洋のど真ん中、吹きっさらしの「夢の島」モーリシャス。ウインド界選定の世界遺産ともいうべき世界有数のうねりの巣だ。なんの障害物にも当たらず、長い時間をかけ、長い距離を渡ってこの島に辿り着くトレードウインドは、同時に波長の長いしっかりしたうねりを連れて来る。島はリーフに囲まれている。そこで初めて明らかな段差を感じたうねりは、一気に盛り上がり、一気に溜め込んでいたパワーを発散する。島の時間は、その繰り返し中で刻まれてゆく。

ビギナーからビッグウェイバーまでが楽しめるいろいろなポイントがある。その中のひとつ、ワンアイ(One Eye)というポイントにはポートのクロスオフの風が吹き付ける。巨大な波の口を塞ぐように吹くその風は、広大な波のフェイスを整え、しかも波の底で、ボトムターンで、ボードにスピードを与えてくれる。それは恐怖の向こうにある快感と、チャレンジの成功を手繰り寄せる希望の風だ。

多くのビッグネームたちが島で最もハードコアなそのポイントに挑戦した。ジェイソン・ポラコウは二ヶ月滞在する予定でこの島を訪れたが、二週間も経たぬうちにそこで全ての道具をオシャカにして帰国したことがある。リッキー・バンダートゥーンは、波のパワーにあまりに高く飛ばされて、着水時の衝撃にスネの骨を砕かれた。2004年PWAウェイブキングのスコット・マッカーシャーは、当時「自分史上最もヘビーで速い波だ」と言い、かの百年王者ビヨン・ダンカベックは「ここで自分を磨くことは可能だが、それが最後のウインドサーフィンになる可能性もまた高い」とすべてのウインドサーファーに警鐘を鳴らしている。

1999年、イギリス人として初めて『アロハクラシック』を制したニック・ベイカーは、33歳のときにそのポイントのその波を目の前にしたときのことを次のように記している。

「未知のもの、挑戦・・・高揚感の裏にへばり付く恐怖。歓喜と絶望。
モーリシャスで初めて知った。目が覚めるような現実の前では、人は不安になるものだ」

当時のモーリシャスでの写真ではない。2009年、マウイ島ホキーパビーチで撮影された1カット。ニックは「マスター」の一人としてローカルにも認められる存在だった。現在もファナティック・イギリス・ナショナルチームの一員として道具の開発に携わるなど、重要な役目を果たしている/ⒸNorthSails_John Carter
当時のモーリシャスでの写真ではない。2009年、マウイ島ホキーパビーチで撮影された1カット。ニックは「マスター」の一人としてローカルにも認められる存在だった。現在もファナティック・イギリス・ナショナルチームの一員として道具の開発に携わるなど、重要な任に当たっている/ⒸNorthSails_John Carter

 

────────────── Windsurfing Magazine ────────────── ウインドサーフィン マガジン ──────────────

〈トップライダーの言葉_10 / ジェリー・ロペス〉
〈トップライダーの言葉_09 / ロビー・ナッシュ(US-1111)〉
〈トップライダーの言葉_08 / 中里尚雄〉
〈トップライダーの言葉_07 / リーバイ・サイバー(USA-0)〉
〈トップライダーの言葉_06 / ジョッシュ・アングロ(CV-1)〉
〈トップライダーの言葉_05 / ロビー・ナッシュ(US-1111)〉
〈トップライダーの言葉_04 / カウリ・シアディ(BRA-253)〉
〈トップライダーの言葉_03 / グラハム・イジー(USA-1)〉
〈トップライダーの言葉_02 / スコット・マッカーシャー(KA-181)〉
〈トップライダーの言葉_01 / アレックス・ムッソリーニ(E-30)〉