ウェブスクール

お薦めショップ&スクール

 

 

sbm_2016_dy5_d1_3045

写真提供:
ⒸStarboard_John Carter
ⒸTetsuya Satomura
協力:
Takayoshi Yamamoto

 

 

<これからウインドサーフィンをはじめる皆さんへ>
ウインドサーフィンに限らず新しく何かをはじめようとする時、分からない事や不安はつきものですよね。このページでは、皆さんに少しでも安心してウインドサーフィンをはじめていただけるようアドバイスしたいと考えています。やはり安全面や効率を考えると、経験豊富なスクールで受講していただく事が一番です。ここではスクールを受講される前の予備知識とイメージを持っていただきスムーズにスタートしていただければと考えています。

<スクールのシステム>
各地にある一般的なスクールでは、受講する際は予約制となっている場合が多いので事前に各スクールへ問い合わせて下さい。各スクールでは、講習に使うウインドサーフィンやウエットスーツ(寒い場合)、ライフジャケットなどの必要な用具は勿論のこと、シャワーや更衣設備 を完備しています。受講される方が準備するものは、水着やタオル、夏期であればラッシュガード、そして水に入っても構わないシューズがあれば完璧です。
※スクールにより準備するものに違いもありますので詳しくは受講前に各スクールへお問い合わせ下さい。

<スクールの流れ>
講習の流れとして、まずは陸上で基本的なウインドサーフィンの操作方法や用具の説明などを行った後、水上での実際の操作となります。講習は数名単位のグループにインストラ クターが1名つきますが、最初の水上練習ではマンツーマンでというのが一般的です。いずれにしても海の上ではインストラクターが講習生の安全のために、いつでも目を光らせてくれています。

<スクール選びのポイント>
スクールでは独自色を打ち出したカリキュラムで教えてくれるところも有りますが、安全に効率良く講習するということでは一致しているので、アクセスのし易さやどのエリアでやりたいのかで決めても問題は有りません。有名なライダーが教えてくれるところも有ります。

<ウインドサーフィンの用具>
ウインドサーフィンの用具大きく分けて、水に浮かぶボード部と風を受けるセイル(リグ)部に分か れます。(写真:1を参照) ボード部は、ボード本体とフィン(スケグ)、そしてセンターボード(ダガーボード)などから構成 されています。

※フィンとセンターボードは水面下のため写真には写っていません。

セイル(リグ)部は、セイル、マスト、ブーム、アップホールラインとセイル部とボードを繋ぐユニバーサルジョイント(ジョイント)から構成されています。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%9a%ef%bc%91

(写真:1)

Let’s Windsurfing

<風向きを知る>
ウインドサーフィンが走るための原動力は風です。その風の理論を知ることは大切ですが、複雑で難解な理屈を理解するのは先のこととして、ここでは風向きについて理解していただければと思います。ウインドサーフィンを走らせるためには、どの方向から風がふいているのか常に意識する必要があります。一番簡単な方法は『指をしゃぶってかざす』ですが、ウインドサーフィンの場合は、頬に当たる風やセイルのなびく方向などで風向きを判断します。最初のセイルアップや走り出しの時は、とても重要なことになりますから、ちょっと意識して欲しいと思います。

<セイルアップ>
ウインドサーフィンの第一歩はセイルを起こすところからはじまります。波もうねりも無く、風はそよ風程度の穏やかなコンディションであれば割と簡単に出来るかもしれません。しかし、波があり強い風が吹いているコンディションではボードの上に立つ事さえ難しくなります。どちらかと言えば、そのようなコンディションの方が普通なのかもしれません。ちょっと重労働そうに思えますが、コツをつかめば意外にスムーズに出来るものです。最初の関門は、『習うより慣れろ』です。

1、ボードに乗ってみる
浅瀬での練習では、自分でセイルを風下側、ボードを風上側に位置するように置きます。背中から風を受ける状態を作ります。そしてアップホールラインを掴み、ジョイントを両足で挟むように立ちます。スタンスは肩幅くらい。ボードは不安定ですから、出来るだけボードの中心線に近い位置に立ちましょう。当然、ボードの端などに乗れば傾きます。
※ウインドサーフィンは道具の性格上ある程度の風が吹いている状態下では、セイルは風上そしてボードは風下に自然と位置するようになります。これは水に浸かっているセイルが錘りとなり、水に浮かんでいるボードが風下に流されるためです。セイルアップの際は、ボードが風上、セイルが風下というのが理想的ですが、もしそうでない位置にあった場合は、少しセイルを上げて我慢していると風の力でセイルが風下に流されて行きます。

2、ボードとマストの直角をキープする
アップホールラインを持ってセイルの引き上げにかかります。ボードの中心線とマストの方向が直角に交わるような位置関係(写真:2を参照)を保ちながら風上側に体重を掛けて引き上げます。腕の力だけに頼らず、バランスを取りながら体重を利用する事も忘れずに。一番重みの掛かるのはセイルが水から離れるまでです。ボードとセイルの位置を調整するためには、アップホールラインを左右どちらかにずらして引くと向きの調整が出来ます。

風向入り1_0007.JPG

(写真:2)

3、重みの変化に即応する
セイルが水から半分以上抜けると、アップホールラインに掛かる加重は一気に軽くなります。その重みの変化に合わせて後ろに掛けていた体重を素早く元に戻します。このタイミングを外すと、そのまま後へドボンということにもなります。そう、ウインドサーフィンではよく見られる光景です。このセイルが水から抜けた瞬間が初心者の方には最も難しい通過点であり、不安定な状況かもしれません。不安定なボードの上に立ち、固定されていないセイル(リグ部)を支え続けなければなりません。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%9a%ef%bc%93

(写真:3)

4、セイルを引き上げる
セイルが水から抜けたら、アップホールラインを徐々に手繰り寄せアップホールラインの根元かマストを掴むようにします。この時に注意したいのは、腕の力だけに頼らずに脇を締め自分の体重も使いながらバランスを保つ事です。この次はいよいよセイルに風を受けて走り出す段階へ移ります。セイルに風を入れる前の基本姿勢は、ボードの中心線に対して風向が直角に交わる位置に保つ事が大切です。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%9a%ef%bc%94

(写真:4)

<いよいよセイリング>
いよいよセイルに風を入れて走り出す段階に移ります。セイルアップの時にも触れましたが、ウインドサーフィンの操作で忘れてはいけない事に風向きがあります。もうお気付きかもしれませんが、常に背中で風を受ける状態を保っているという事です。ボードの上にたち、セイルは風下側になびいている状態が、ニュートラルポジションです。このニュートラルポジションの時に、アップホールラインの根元を持つかマストを持つか、どのような手順でブームを持ちセイルに風を入れて行くかなどは各スクールやコンディションに合わせて教え方が変わる場合もあります。ここでは、一般的な手順をご紹介しておきます。

<ボードの向きを変える>
1、(写真:5)の状態でボードの向きを変えるためには、マストをボードの前方(ノーズ側)か後方(テール側)に傾けると、マストを中心に傾けた側が風に押されて回転しはじめます。そのまま傾け続ければ1回転することになります。ボードが回転し始めたら足をずらしながら乗っている位置を変えなければなりますん。

風向入り1_0287.JPG

(写真:5)

<セイルに風を入れる>
1、(写真:6)では、ボードのノーズ(前側)は写真の奥側に向いています。つまりは写真の奥側に向かって走り出すことになります。先ずは、左手でマストを持ち、自分の方に引き寄せ右手でブームを持ちます。この時、肩幅より広めの位置を持つように意識して下さい。また、足の位置にも注意して下さい。はじめはジョイントを挟み込むようなポジションでしたが、ブームを持つのと同時に右足がテール側に移動しています。

(写真:6)

2、右手の位置が決まったら素早く左手をマストから離しブームに持ち変えます。同時に左手を中心に右手を自分の方に引き込みます。ある程度風が吹いていれば、風の重さを一気に感じるはずです。もし、風の力で前へ飛ばされそうになれば、右手だけを伸ばし風を逃がしてやると風の圧力は軽くなります。走り出したら少しマストを前方に傾け、セイルを引き込みます。ここでのポイントは一連の動作を素早く行い、ブームを持つ位置や足を置く位置など風の強さなどによって細かく変わり調整して行く必要があるということです。

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%9a%ef%bc%97

(写真:7)

さて如何だったでしょうか、ここまでの写真と文章だけの説明では十分とはいきませんが、ある程度は参考にしていただけたのではないでしょうか。スクールを受講したり、その後はどうするのか、はじめるために必要なものは何か、ボード選びは、、、!?やはりご自身の希望や予算など、適切なアドバイスの出来るショップやスクールで相談される事をお勧めします。

<Enjoy Windsurfing Life>
ウインドサーフィンのショップやスクールでは、用具の保管やクラブ運営をしているところが多く、一人ではじめても仲間を得る事ができます。寧ろ一匹狼で好きな時間に好きなところで的なことは、かなりのベテランにならないと難しいことです。一般的にはショップやスクールでは、初心者スクールが終了してもステップアップスクールや会員向け各種イベントの開催、サイパンやハワイなどで海外合宿なども行い会員の交流親睦、日頃の安全などには常に気を配っています。充実したウインドサーフィンライフを楽しむためにはショップやスクールは欠かせない存在と言えます。

screen-shot-2016-12-27-at-2-34-24-am
ショップ&スクールを探す