台風26号直撃→被災→超復旧
特派員報告=北マリアナ諸島サイパン支部
大野晴光(シーウィンド)

復旧作業が一段落した『シーウィンド』艇庫前
復旧作業が一段落した『シーウィンド』艇庫前

10月の記録的な台風(25日サイパン島を直撃した26号。当時の中心気圧905hPa、最大風速60m/s。北マリアナ諸島における観測史上最強の台風)で、サイパンは全島に大きな被害を受け、現在も一部地域を除き停電断水が続いています。当方『シーウィンド(マリン・スポーツ・クラブ)』も被災を免れず大きな打撃を受けましたが、約3週間の復旧作業により現在はゲストの受け入れが可能な状態です。

11月の2週目からは待望のトレードウインドも吹き始めました。被災したローカルウインドサーファーたちも気分転換にいつもの風に吹かれてウインドサーフィンを楽しんでいます。海に出てみてわかったことですが「カテゴリー5に相当するスーパー台風」とされた26号は、マイクロビーチにも変化をもたらしました。これはいい方向にです。

嵐によって砂が大量に運ばれてきたためにビーチが広くなり、ボード置き場が十分に確保できるようになって、ビーチ際のロックも砂に埋まりました。以前にも増してビーチスタートの練習には最適な環境です。また張り出したビーチのおかげでインサイドはスーパー・フラット海面となり、全開全速ノンブレーキングの高速ジャイブも楽しめます。

トレードが吹き始め、海もさらにウインドサーフィン向きになったサイパンで皆様の来島をお待ちしております。

以下、復旧作業の様子
以下、復旧作業の様子

3_IMG_20181026_144126_resized_20181115_0106559024_IMG_20181026_144111_resized_20181115_0106551465_IMG_20181030_112525_resized_20181115_010657348────────────── Windsurfing Magazine ────────────── ウインドサーフィン マガジン ──────────────

6_map_image