平和な海でプレーニング・サマー
特派員報告=神奈川県海の公園支部
西村栄治(スピードウォール)

1_20180701_141458f心配していた潮干狩りの大集団による侵略も、終わってみれば案ずるほどではありませんでした。個人的な見解ではふなばし三番瀬や東扇島など近隣の新たなスポットに人が分散したことと、絶好の潮のタイミングにあいにく雨がパラついたりしたこと、粒が小さく数も少ないというアサリの不漁などが原因ではないかと思われます。まあ、何日かは例年通りのパニック状態になり、その光景を初めて目の当たりにした新人ウインドサーファーたちは、かなりビビってましたが(笑)。

そんなこんなで無事、春を乗り切った我々が迎えた2018夏は、ひと言でいうと「平和」。「猛暑」は街にいると堪えますが、海に浸かっていると忘れます。娘を連れていった区民プールは温泉のように湯だっていましたが、海水はヒンヤリしていてとても心地良いです。

海まで1分『スピードウォール』前のゲレンデで
海まで1分『スピードウォール』前のゲレンデで

「異例の台風」は、さいわい海の公園には大きな被害を与えませんでした。過去には高潮で砂浜が全面水浸しになり、海岸線がえぐられたこともありましたが。また逆に、普段はフラットな海に波が立ってウェイブができるといったようなスペシャルな恩恵もありませんでした。ただ台風接近前に強めの北風が一日、台風通過後にガスティな南風が二、三日吹き続けて楽しくプレーニングできました。

横浜中華街の近くの川で「クラゲ」が大量発生したとニュースになったとき、海の公園でもクラゲに刺されてチクチクすると訴える人が数人いたので、スクール生にも「なるべく肌を露出しないように」「クラゲよけの日焼け止めを塗るように」と注意喚起し、神経を尖らせていましたが、二、三日で収束。毒性の強いカツオノエボシも確認されていません。

東京湾に迷いこんだ「クジラ」も顔を見せることはありませんでしたし、何年か前に騒がれたようにサメがウロウロすることもありませんでした。そういえば今年はアカエイすらあまり見ませんね。

もうここ何年も「海水浴客」でビーチがごった返すこともありません。昔のイメージのまま久しぶりに海に遊びに来たスクール生などは「今日は空いてますね」と言いますが、「いえいえいつもこんな感じです。平和なものですよ」

────────────── Windsurfing Magazine ────────────── ウインドサーフィン マガジン ──────────────