『RS:X 世界選手権 in 江の島』
After the race:ついに終わりました・・・結果は37位

9月24日、日曜日_昨日レースが終わりました。
予選から上手く走ることができず、目標にしていた目指すべきところには全く届きませんでした。
後半の3日間はシルバーフリートでのレースとなりましたが、走る時、走らない時の差が激しく、
ポイントをまとめることができませんでした。

All Photo by RS:X OLYMPIC WINDSURFING CLASS
All Photo by Robert Hajduk_2017 RS:X Windsurfing World Championships

今回は本当に難しかった。自分に自信を持てていなかったからかもしれないけど、いつも良い方とは逆の海面に行ってしまって、上手くコースを取ることができなかった。自分のことに必死になりすぎて、周りを見る余裕がなかったのかもしれないし、色んなことを上手くもっていくことができなかった。

この大会のために、海外からブルース・ケンドール(1988年ソウル五輪金メダリスト)がコーチに来てくれたりしましたが、その成果を結果に出せなかったことは申し訳なく思います。
でもひとつ、確実に速くなっているところがあり、そのことを実感することができました。今まで一番自分が苦手でダメだったところ。それかはが今は一番良いポイントになっていると思います。その代わりに今まで得意だったところがパッとしなくなってしまった。それはレース前から分かっていたけれど、間に合わせることができなかった。だから絶対に課題を習得して、絶対速くなってやる。
ちゃんとこの結果と向き合って、今後につなげていきたいと思います!

今回は日本初の世界選手権ということもあり、色んな人が見にきていたり、応援にきていました!
私もちゃんと東京(五輪)のために環境を整えていかないといけないと思わせられました。
色んな面で課題や今後を考えさせられる機会になりました。
この経験をプラスに変えていけるように…‼︎

そして、今回のレースでは中国チームが1.2.3位と表彰台を独占‼︎
カッコよかった! でも、やっぱりそれをみて、日本チームでいつかそうしたい、
メンズ・レディスともに日本チームで上位を占めたい、
一人じゃなくて、みんなで笑って、喜びあえるように!
(※リザルト等はこちらで→  http://www.rsxclass.org/worlds2017/

まだまだ、大会は続きます。
国体,ワールドカップ,オリンピックウィーク・・・。
これからも応援よろしくお願いします‼︎

応援,サポートしていただいてる皆様、ありがとうございました。 ─── JPN35

▲Megumi Iseda(JPN-35)同志社大学入学後に本格的にウインドサーフィンを始め、 3年生で『日本学生ボードセーリング選手権』に優勝。以後、2010年『アジアンビーチゲームズ』2位。 2011年、2012年『テクノ293世界選手権』オープンレディスクラス連覇など、世界のレースで確かな実績を残す。2016年リオ五輪RS:X級日本代表。1987年6月30日生まれ、滋賀県出身。157cm、56kg。
▲Megumi Iseda(JPN-35)同志社大学入学後に本格的にウインドサーフィンを始め、
3年生で『日本学生ボードセーリング選手権』に優勝。以後、2010年『アジアンビーチゲームズ』2位。
2011年、2012年『テクノ293世界選手権』オープンレディスクラス連覇など、世界のレースで確かな実績を残す。
2016年リオ五輪RS:X級日本代表。1987年6月30日生まれ、滋賀県出身。157cm、56kg。

────────────── Windsurfing Magazine ────────────── ウインドサーフィン マガジン ──────────────